外貨建てMMF投資の学び

外貨建てMMFを法人から投資した時の税金や利益はどうなる?

投資をするときに法人から投資をすると多くのメリットがあります。

他の会社経営をしているのであればその法人から投資をすることが出来ますし、まだ法人を持っていない人でも資産運用会社として法人を立ち上げれば、法人として投資をすることが出来ます。

法人としての投資をすると、投資の損益を通算して申告をする事ができますし、節税のメリットも大きいです。

投資初心者には投資のハードルが高まってオススメできない方法ですが、既に投資をしている人や今後投資規模を広げていきたい人にはオススメの方法です。

そんな法人からの投資について今回の記事では、外貨建てMMFを用いて解説していきたいと思います!

投資初心者が外貨建てMMFを始める(買う)べきタイミングはいつ?投資初心者が外貨建てMMFを購入するタイミングって難しいですよね。 投資初心者であれば当たり前のことだと思います。 結論から...

法人で投資をするメリット

法人から投資をするメリットは沢山ありますが、投資メインとして行う場合に注目すべきメリットは2つです。

  • 損失を繰り越せる
  • 節税効果

法人から投資をすることで損益の通算が出来たり、税金を抑えるとが可能となります。

損益の通算とは法人の利益から考えてのことで、個人の場合も出来るものの最大3年間と縛りがあったり、法人の損益通算可能年数と違います。

法人であれば最大9年の損益通算が可能となり、その分の利益や損液というのはすべて合算されて計算されるため、税金の割合が減ることになるのです。

また損益通算の税金割合だけでなく、法人であれば税金を抑える節税も可能になります。

経費の使用も含まれていて、個人で投資するよりも状況によってはお得に投資をすることができます。

ですがこの方法は単年だけなどの短いスパンで使うべきではなく、長期的に投資を行う投資家が使う方法なので、注意が必要です。

まだ投資を始めたてなのであれば、積み立て投資や長期運用などの法人にする前の運用方法もあるので参考にしてみてください。(法人も可能)

投資初心者が外貨建てMMFに投資をするときは積立投資の方がいい?

外貨建てMMFを扱う投資初心者の運用方法は?長期運用がオススメ!

法人から外貨建てMMFに投資

法人から外貨建てMMFに投資をして変わるのは利益ではなく税金です。

先程からよく触れている部分ではありますが、外貨建てMMFを法人から購入すると利益はそのままで税金が変わります。

というのも損益通算が入ってきたり、経費による利益の圧縮があるからです。

そのため税金は低くなることが多く、外貨建てMMFへの投資が有利に進むことがあります。

ですが法人から購入したからと言って利回りが大きく変わったり、為替差益などの外貨建てMMFの利益は変わらないので、その点は注意が必要です。

外貨建てMMFの利回りはどのくらい?外貨建てMMFの利回りは変動する?外貨建てMMFは外国の公社債に投資をする投資信託ですが、その利回りは購入する通貨のMMFによってことなります。 今現在(2019/...

まとめ

今回の記事では法人から投資をする時の税金や利回りなどを解説しました。

利回りは法人の投資だから上がるわけではありません。

本来分配金や売却益にかかる分離課税や申告分離課税の対象が変わり、それらをまとめて利益として上げないといけないため、法人からの投資にはメリットがあるのです。

逆にこれがなければ(魅力が無い)法人にする必要はないので、個人として投資を進めていくのが良いと思います。

外貨建てMMFの税金(税制)はどうなっている?分配金や売却益の課税とは?安全な割に高利回りが狙える投資信託として人気な外貨建てMMF。 これから外貨建てMMFに投資を始めるとして心配なのが税金関係ですよ...