外貨建てMMF投資の学び

外貨建てMMFと株式投資の違いとは?株式の仕組みなど解説!

初心者にもオススメな外貨建てMMFとハードルが高く見られる株式投資。

この2つの違いについて疑問に思う人は多くいますよね?

実はこの外貨建てMMFと株式投資の違いは、他の違いと似ています。

それが債権と株式投資の違い。(外貨建てMMFは公社債への投資のため)

どちらも企業に資金を出す投資なので色々比較されやすいですが、この2つは明確に異なります。

  • 債権(外貨建てMMF)は企業や国にお金を貸して利息を得る投資
  • 株式投資は企業が上げる収益に期待してお金を出資して利益を得る投資

外貨建てMMFの仕組みは他の記事で解説しているので、今回の記事では株式投資の仕組みから外貨建てMMFとの違いについて詳しく解説していきたいと思います!

株式投資とは

株式投資とは、企業が上げる収益に期待してお金を出資して利益を得る投資のことを言います。

そもそも株式とは、資金を調達するために企業が出してる有価証券のことで、企業はこの株券を投資家に売って資金を集めることで、新たな事業や企業の財務に活用しています。

株を購入した投資家を企業は株主と呼び、企業の財務などに大きく関わる株主はその企業のオーナーの一人とも言えます。

そんな株式に資金を投じて企業が上げた利益から出る配当や、企業の価値などから算出される株価で売買をして利益を得るのが株式投資です。

難しそうに見えますが、簡単に言うとこの株券を取引することで会社のオーナーとなり利益を得たり、株価の変動による売却益を得たりするのが株式投資なのです。

株式投資の種類

株式投資の投資対象には種類があります。

簡単に分けると

  • IPO株
  • PO株

この2つです。

IPO株(新規公開株)とは「Initial Public Offering」の略で、今まで公開されて居なかった株が、新しく証券取引所で取引することができるようになった株のことを言います。(上場)

PO株(公募株)とは「Public Offering」の略で、既にIPOした後の企業が新たな資金調達が目的などで投資家に株を公募して売り出した株の事を言います。

もちろん株式にも国内のものなのか、海外のものなのかはあるのですが、株式はこの2つに分けられています。

株式投資と外貨建てMMF

株式投資と外貨建てMMFは全然別物です。

そもそも外貨建てMMFとは投資信託のなかでも海外の公社債に投資をする金融商品なので、株式投資とは全く違います。

株式投資が企業に資金を提供して利益の配当や売却益を得るのに対して、外貨建てMMF(債権)は日本円から建て替えた外貨で、企業や国に資金を貸し出して分配金や為替差益を得る投資です。

投資対象も違えば投資する通貨も違います。

またそれにより運用方法も大きく異なってくるので、覚えておくと良いでしょう。

難易度でいえば企業分析などがも必要なく、運用も楽なので外貨建てMMFの方が簡単に投資が出来ます。

さらに安定した利回りが出るのも外貨建てMMFの特徴なので、リスクを取らず資産運用をしたい人に向いている商品です。

一方株式投資は自分の分析力や市場を読む力によって、リスクの分だけリターンが得れるので、大きく儲けたい人に適している投資だと思います。

この2つの違いを明確にすることで、自分がどっちに投資をしたいのは?が分かると思うので、参考にしてみてください。

投資初心者にオススメな外貨建てMMFとは?投資対象やオススメな理由を解説!手数料が安く積立も出来る外貨建てMMF。 中長期的な運用も短期的な運用もでき、少額から始められることからも初心者にオススメな投資信...